国際木版画会議の歴史

mokuhanga

「木版画」とは、「江戸時代に考案された水性木版画の技法」という意味の日本語です。「Moku」は木の意味で、「Hanga」は「版画」と訳されます。この技法はアーティストたちにとって作品を作るうえで柔軟性に富み、また環境に対して無害であるという特徴があります。現在、たくさんの国際的なアーティストたちが木版画制作をしていますが、技術の向上に関する情報や道具、素材、市場、指導書など木版画制作に関係する情報が少ない状況にあります。

そこで、版画家、職人、教育者、研究者、および道具屋が一緒になって3年に1度、国際木版画会議(IMC)を開催することとなりました。本会議では、日本とは異なった環境の国々の人達と共に、興味深い技術のアイデアや伝統技法、現代のアーティストの考えを反映させた新しい技法を共有するための国際的な意見交換の場を提供しています。

第1回国際木版画会議は2011年に京都と淡路で開催しました。第2回国際木版画会議は2014年に東京芸術大学がホスト校となり東京で開催され、アーツ千代田3331ではサテライトイベントが開催されました。第3回目となる2017年の国際木版画会議は初めて木版画の故郷である日本を離れ、米国、ハワイ州のハワイ島、あらゆる年齢と能力を持った人たちにアート体験を提供することに全力を尽くす、ホルアロア芸術文化財団の本拠地であるドンキー・ミル・アートセンターがホストとなります。ドンキー・ミル・アートセンターはハワイ大学のマノア キャンパスと、ホノルル・プリントメーカーズ財団と協力しIMC2017を展開します。主な会議はオアフ島のホノルル、サテライトイベントはハワイ島にあるドンキー・ミル・アートセンターで開かれます。