First contact

撮影/編集 馮 馳(Hyoti)

日本人にとっては身近な存在の木版画。おそらく多くの人が小学校で木版画を初めて制作し、苦労した思い出を持っているかもしれない。しかし、それ以来、彫刻刀にもバレンにも触れたことの無い人がほとんどだろう。外国人の方にとってはモクハンガという言葉すら知らない人もいるかも知れない。多くの人が木版画という言葉から連想するものは浮世絵である。しかし、正確には浮世絵イコール木版画ではありません。江戸時代に流行した浮世絵というジャンルの中の浮世絵版画が木版画によって制作されていたのです。みんなが知っているようで知らない木版画をより多くの人に知ってもらうべく、今回の企画を思い付きました。

木版画を主に制作する版画家と木版画にしばらく触れていない、もしくは全く作ったことのない様々な職業の人とペアとなり、木版画の制作に必要な知識、技術を提供して木版画を制作してもらいます。今回初めて、久しぶりに木版画を制作する人にとっては懐かしく、新しい経験となるでしょうし、普段から木版画を作っている人にとっても、他人に教えることによって新たな発見があるかも知れません。意外な組み合わせによる刺激的なコラボレーションを期待しています。今までとは違う木版画。懐かしくも新しいモクハンガ。見たことのないMOKUHANGA。様々な木版画を是非お楽しみください。